昨日の夜、ムカデにあいました

昨晩、テレビを見終わって寝ていると、姉が「私の部屋にムカデがいるから倒して倒して!!」と騒ぎながら部屋に入ってきました。
ちょうど寝入ろうとウトウトしていたのに起こされて「ゴキブリジェットでも噴射して殺せば良いじゃないの」と起きなかったんですが、姉が「いや、怖い。凄い大きいんよ。30センチくらいある真っ赤なムカデなんよ。あんたムカデ殺しのスプレー持ってるって言ってたじゃない」と言われ、「そういえばそうだった」と思い出し、「仕方ない
なー」と起き出して、瞬間冷却ムカデ殺しスプレーを持って、姉の部屋に行きました。

「もうどっか潜っちゃって居ないかもよ」と言いながら部屋に入ると、直ぐのところに、確かに体長30センチくらいの大きな真っ赤なムカデが、うようよと歩いていました。

「ぎゃー!!気色悪いー!!」と離れた場所からスプレーを噴射しまくっていたら、ムカデの方は直ぐに死んでしまったのか、動かなくなりました。

「あと知らないから、自分でどうにかするんだね」と姉の部屋を去ろうとすると「やだー、あれどうにかしてってよー」とムカデの死体を指差して姉が言います。

「もう仕方ないなあ…」と、ムカデが確実に死んでいることを確かめてから、ティッシュを10枚くらい持って、ムカデを掴んで捨てに行きました。

何でゴキブリとかムカデとか、夜出てくるんでしょうか。いい迷惑です。